9月5日の最終出社から、ちょうど2週間。
先週は沖縄に家族旅行に行き、今週はもともとは海外の知人を訪ねつつ、シンガポール~LAあたりにプラプラ行こうと思っていたのですが、結局予定を詰め切らないまま、ほとんど予定のない1週間を過ごしております。

ちなみに、前回記事(リンク)は6600人の方に読んでいただいており、ゴゴログのPVも月半ばにして初の1万超えという、すばらしい「卒業祝い」をいただけました。ありがとうございます、引き続き、ゴゴログご愛顧ください。(笑)


そんなこんなでこのところ基本的に何事にも追われることなく、のんびり過ごしておったわけですが(スケジュール調整等お待たせしてる方にはサボりがばれるな。。先に謝っとこう。スミマセン!)、そんななか、大学時代からの旧友K君がウチに遊びにやってきました。

K君も2年前に会社を辞めて、元々好きだった靴の世界を追い求めるべくイタリアに行ってしまったという、プラプラの師匠とでもいうべきヤツですが、久々に帰国してきたので、お互いの近況を共有しつつ、旧交を温めた次第です。

で、彼がイタリアの語学学校で衝撃を受けた体験というのを教えてもらったんですが、それは授業の中で「もしイタリアを自分の好きなように作り変えられるとしたら、あなただったらどうするか?」という問いを出された時のこと。

K君は「イタリアの政治形態は今こうだから・・・うーん」と考えているそばで、ドイツ(だったかな?)から来ていた19歳の女の子が、「私だったらアルノ河をチョコレートの川に変えて・・・」みたいな話をしたらしい。

で、彼が何に驚いたかと言うと、その女の子のお花畑っぷり。。ではなくて、そういう突拍子もない話を臆することなく自らの意見として堂々と言える個人のスタイルや環境に対し、何も言う事ができなかった自分自身や日本との大きな違いを感じた、ということでありました。


このハナシ、聞いて大いに共感を覚えたのですが、ゴゴ自身も米国留学時代、似たような経験をしたことがありました。例えばクラスでのケースディスカッションで、「それはあまりスジないやろ」と、浅い考えに思われる意見でも、アメリカ人などは気にせずポンポン出してきます。

で、教授はじめ周囲の人間も、その意見の浅さを特段気にすることなく、さらに異なる意見を求め、学生もまた発言を重ねていきます。そうしていると、あるテーマの論点に対し、突拍子もない考えや賛否対立する極論含め、多様な視点がそろってくるわけです。

そうしていったん議論の「ヨコ」幅 を広げておいてから、ケースを考えていくにあたって最適と考えられる、スジの通りそうな考え方はなんだろうかと、ロジックの「タテ」(・・・だから、~~である、という論理のつながり、整合性)を探っていく方向に議論を絞り込んでいきます。

ケースディスカッションには、実際の結果や想定される妥当解は存在するものの、特に「正解」というものはありません。なので、それらとは異なってもスジの通る判断は存在するし、ある状況でのジャッジメントとしてどのようなものがありうるのか?という疑似経験を積むうえでは、複数の観点からロジックを積み上げることで、様々に異なる解もあるのだ、ということを知ることが非常に大切です。

そういう点からすると、突拍子な意見を言う奴も、スジがつながらないとしても議論のヨコ幅を広げたという意味で貢献しているわけで、仮に間違っていたとしても、自らの意見を言う事に意味があるという個人のスタンスや、周りがそれを受け止める許容性が、日本と随分違うなあ~、と思ったものです。


個人的な認識ではありますが、日本人は論理の正しさ、つまりロジックのタテ方面の深さをすごく気にする人が非常に多いように思われます。一方で、アメリカ人や、K君の話からするとヨーロッパも?ロジックのヨコ方面の幅広さ・多様性をより評価するように思われます。

留学していい学びを得たなあと今でも身に残っていることの一つが、この「ロジックのタテとヨコ 」を意識するというコトです。自分で考えていると、つい一つの視点や価値観からスジを積み上げて答えをだそうとしてしまいがちですが、他のスタート地点はないのかと、横方向にも意識を働かせると、よりロジックが豊かになります。

そして、この「ヨコ」方向に幅を振っていくために大切なのが、「主観性」である、というのが今回記事のテーマ/結論になっているワケです。

主観性については、以前にシリーズ記事(※)を書いているので、関心ある方は長いですがそちらもぜひ見て欲しいのですが、客観的に考えれば普通ではなさそうだけど、こういうのもアリじゃないか、自分はこの考え方が好きだ、という主観的な考え方・感じ方や意見というものを大切にして磨いていかないと、他の人たちが認めそうな幅でしか物事を考えられなくなります。

一方、イノベーティブなアイディアというのは、往々にして一般的には認められていなかった考え方から生み出されてくるワケで、「客観的な正しさ」という近代合理主義の強力な進展の陰にかくれていた「主観性」の価値が、これからの時代においてあらためて重要になってくるのではないか、とゴゴは思うのです。それはいわば新たなルネサンスであり、万葉復古の新古今なのであります。。

というわけで、イノベーションだ、グローバル教育だというなら、英語も別にいいんだけど、自分の考えを臆することなくきちんと言える人材の育成や教育環境づくりこそ、きちんとやっていくべきなんじゃないのかね~?


※参考記事
「若者よ、客観性ではなく主観を磨け! ~イノベーションが求められる時代に真に必要とされる能力~」
(その1)
(その2)
(その3・完結編)