先日、知人にお誘いいただき、経済政策について久しぶりにいろいろと語りあう機会がありました。そこで聞いた興味深い話として、邦銀が韓国企業に対する資金貸付を拡大させているというハナシがありました。確かに、少し調べてみると、韓国の金融資本はもともと脆弱で、欧州系をはじめ外国資本が韓国金融のベースになってたのですが、欧州危機で彼らがリスク縮小のために手を引いたところに、邦銀が代わって入り込んでいる、という状況のようです。

(少し古いですが、例えばこんな記事)
邦銀に商機、3メガバンクが韓国向け融資を急拡大
 
(その他、各行の動き)
三井住友のリリース
みずほのリリース

知人は、この状況に対して、二つの観点で大きな懸念を語っていました。まず一つは、この邦銀の貸出先として、日本企業にとって競合となる韓国企業に対して資金供与していることです。電機、プラントや製鉄など、様々な製造分野で日本企業と競合している韓国企業は、海外でも旺盛な投資拡大を図っており、そこに貸付需要を見て邦銀も貸し込んでいるのですが、それにより、邦銀にとって古くからの顧客であるはずの日本の企業(加えて、関連する裾野企業も)、ひいては日本人の雇用に対してネガティブな影響を与えているということです。もう一つは、一部の韓国企業は世界景気の変動や各国進出先での過剰な設備投資等により自らの財務状況を悪化させており、邦銀自身にとっても貸出リスクが高まっている、ということでした。



ゴゴがウレシク感じたのは、経済政策に絡んできちんとカネの流れを追いかけて動いている経済人がまだいる、ということでした。邦銀が自らの商売として韓国の企業に貸付を行うことは、まあ勝手と言えば勝手ですし、日本企業ももっと頑張れよ、という面もあるとは思いますが、単なるイデオロギー的な嫌韓論ではなく、日本経済に対する実利の問題として、こうしたネガティブな状況に対して、経済政策としてどのような手を打っていくのかという視点で考えることは重要な問題だとは思います。

最近は経済政策というと「ベンチャー支援」「○○特区」「グローバル化対応」など、アイディア政策的なものがもてはやされるような印象がありますが、日本に入ってくるカネ、日本から出て行っているカネをきちんと把握したうえで、どこを活発にしてどこを抑えるべきなのか、そういう商売人的な視点(国家レベルでの)でもって、地道に企業に働きかけていくことの方が、経済政策を考えていく上で必要なことなのではないかと思います。現に、これまで何度も「○○成長戦略」や「雇用創出○○万人」みたいなスローガン政策が打ち上げられてきましたが、まったく何にもなりませんでした。

(ちなみに、意外に思う方も多いかもしれませんが、経済政策に携わる官民のメンバーといっても、カネの流れをきちんと押さえて経済政策を考えている人はあまり多くないんじゃないかと思います。国際収支統計とかみたこともない人も結構いるんじゃないですかね。そういえば、かつてM&Aファンドや株式市場について全く理解のない発言をして、問題になった某事務次官もいましたね。。)

下手をすると単に政治的な議論におわってしまいがちなアイディア政策議論にとどまらず、国内外で今、どこをどのようにカネが流れていて、何を抑えればその流れがどう変わるのか?という、「渋い」経済政策がなされていくことを期待しています。頑張れ!