ゴゴログ第二弾、引き続き教育論ですが、今日は角度を変えて、個人にとって役に立つ大学教育について考えます。

まず、少し極端な結論から言うと、今の日本の大学は、学問という観点で、社会に出てから役に立つことはほとんどありません。大学で講義をひたすら聞いて暗記したり板書を書き写したりして、一生懸命取った単位の内容は、よっぽど関連した専門領域に進むのではない限り、世の中に出てからの活用価値はほぼゼロです。

もちろん、大学卒、特に有名大学出というタイトルを得ることは総じてトクですし、学生生活の中で色んな体験や友人との交流を重ねることは人生においてとても大切な経験なので、「大学に行くこと」自体は価値があります。行けるなら、極力大学に行くこと方が良いと思います。

しかし、大学が本来提供すべき「学問」というコンテンツは、ほとんどが人生において役に立ちません。まさに、友人からノートを借りて効率よく単位を取得し、講義に出るかわりに自分の興味関心に時間を費やす方がよっぽどマシ、というのが日本の大学教育の現状だと思います。

では、大学では勉強なんかせずに遊んでいればいいのか?といえば、本来はそんなことはないはずです。現に、今の大学生は質が低い、役に立たないと叩かれているわけで、それは彼ら自身の問題というより、本来大学が提供すべき学問というコンテンツ・質が、日本では十分に足りていない、ということです。

(ちなみに、叩いているオトナも実はたいして偉くないのですが、知の国際競争の中で、社会人に求められるレベルが上がっているので、組織として大学生に求めるレベルが上がっている、という構造です。大学生諸君、キミ達は少なくともバカにされて卑屈になることはありません。バカにしているエラそうな人たちは、今の時代に生まれていたら、もっとバカだつたはずです。ここからどう生きていくかが勝負です。)

そこで、本来、大学が提供すべき学問コンテンツとは何か?ですが、ゴゴの意見は、「教養」です。最近は池上彰さんなどもそういう主張・活動をしておられるので、少しは違和感がなくなってきているかもしれません。じゃあ、「教養」って何よ?どうやって学ぶのよ?という話になるわけですが、長くなるので、そこは次回。カギは数学と哲学、とだけ予告しておきましょう。実学志向とは真逆の二大学問が、なぜ社会に出て役に立つのか・・・お楽しみに。

(つづく)